お知らせ News

まだ間に合う!クリスマスコンサートをご紹介!

2018年12月10日 カテゴリー : お知らせ

ザ・シンフォニーホールで過ごすクリスマスコンサート特集♪

 

澄んだ空気と色とりどりの光が街を包む12月。この季節ぴったりのザ・シンフォニーホール主催2公演をご紹介します!

 

三浦一馬キンテート クリスマス・スペシャル・ナイト

キンテート

12月14日(金)、三浦一馬キンテートが1年ぶりに還ってきます!

 

キンテートとはスペイン語で五重奏団を意味します。気鋭のバンドネオン奏者、三浦一馬が、石田泰尚(ヴァイオリン)、髙橋洋太(コントラバス)、山田武彦(ピアノ)、大坪純平(エレキギター)という最強のメンバーと共に、情熱的な一夜を繰り広げます。

 

昨年はガーシュウィンとピアソラの名曲を届けてくれましたが、

今年は古典タンゴ&ピアソラというバンドネオンの本領が発揮される究極のプログラム!

 

前半は、「ラ・クンパルシータ」や「わが懐かしのブエノスアイレス」など古典タンゴの名作を、後半は、「リベルタンゴ」「アディオス・ノニーノ」「五重奏のためのコンチェルト」などアストル・ピアソラの作品が披露されます。

昨年画像バンドネオンはジャバラを伸縮させて発生する空気で何百枚ものリードを振動させ、ランダムに配列されたボタンを操って音を出す楽器で、パイプオルガンをルーツにしているといいます。クリスマスシーズンにぴったりの響きと、情熱に溢れたステージをお楽しみいただけます。

 

 

三浦一馬キンテート クリスマス・スペシャル・ナイト
公演詳細・チケットのご購入はこちら

 

 

ザ・シンフォニーホール クリスマス オルガンコンサート 2018

0D1A0098_1T

 12月23日(日・祝)に開催となるのは、パイプオルガンの荘厳な響きに包まれる「ザ・シンフォニーホール クリスマス オルガンコンサート 2018」。

2014年に誕生して以来、毎年完売必須の人気コンサートシリーズです。

 

ザ・シンフォニーホールのシンボルともいえるパイプオルガンは、スイスの名門オルガンビルダー、クーン社製。繊細でいて重厚感のある多彩な音色を奏でます。聴くたびに表現豊かなハーモニーを響かせる幻想的な世界に誰もが惹き込まれていきます。

 

今年のプログラムは、暗闇に一筋の光が差すような厳かな祈りに満ちたクリスマスをイメージし、J.S.バッハ「目覚めよ、と呼ぶ声あり」やオルガン小曲集より「かくも喜びに満てる日」、シューベルトの「アヴェ・マリア」、クリスマス・キャロルメドレーなど、このシーズンにぴったりの名曲が並びます。

 

石丸

オルガニストに、2010年に第22回シャルトル国際オルガンコンクール優勝、ザ・シンフォニーホールが開催している「超絶のスター・ウォーズ」「超絶のオペラ座の怪人」シリーズでも大人気の石丸由佳を迎えます。

留学中に過ごしたヨーロッパのクリスマスの雰囲気をなぞらえながら、心温まる音色を披露してくれます。

 

 ザ・シンフォニーホール クリスマス オルガンコンサート 2018
公演詳細・チケットのご購入はこちら

 

 

ホールロビーでは大きなクリスマスツリー(カナダからやってきた本物のモミの木)が皆様をお迎えいたします。

ぜひザ・シンフォニーホールで素敵な音色に包まれる一夜をお過ごしください。

サンタ

お知らせ

最近の投稿
ザ・シンフォニー チケットセンター 年末・... 2018年12月28日
まだ間に合う!クリスマスコンサートをご紹介! 2018年12月10日
『サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー... 2018年11月8日
2018年11月12日(月)【公演中止】「エレー... 2018年10月24日
Webチケット販売再開のお知らせ③ 2018年10月1日
カテゴリー
お知らせ (81)
シンフォニア (2)
月別アーカイブ
2018年12月 (2)
2018年11月 (1)
2018年10月 (2)
2018年9月 (8)
2018年8月 (4)
年別アーカイブ
  • シンフォニア Sinfonia WEB限定の特別 インタビュー&コンテンツが満載