お知らせ News

11/15(日)「広島交響楽団 第405回プレミアム定期演奏会 大阪公演」出演者変更のお知らせ

2020年9月24日 カテゴリー : お知らせ

11月15日(日)に開催を予定しております「広島交響楽団 第405回プレミアム定期演奏会 大阪公演」につきまして、広島交響楽団より下記の通りお知らせがございます。

 

—————————————————

11月13日(金)に開催致します「第405回プレミアム定期演奏会」および、11月15日(日)に開催致します「第405回プレミアム定期演奏会 大阪公演」に出演予定のゲルハルト・オピッツ氏に関して、これまで関係各所と長らく協議を重ねてまいりました。

 

現在、新型コロナウイルス感染症の影響による日本政府の入国制限により、海外から来日する外国人が日本に入国できない状況が続いております。

さらに、日本人を含む海外からの入国者は、日本に入国した次の日から14日間、検疫所長が指定する場所での待機を遵守しなければなりません。

ゲルハルト・オピッツ氏は、11月1日に欧州での公演に出演後、すぐに来日できるよう予定しておりますが、今後、仮に政府の入国制限が緩和された場合においても、14日間の待機要請に関しては継続される可能性が高いことから、やむなく出演者を変更することにいたしました。

 

 

そこで、この度我が国屈指のピアニストである小山実稚恵氏にご出演をいただくこととなりました。

急な依頼にもかかわらずスケジュールを調整くださった小山実稚恵氏に感謝するとともに、ベートーヴェン生誕250周年にお届けする広響プレミアム定期への皆様方のご理解と応援を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

*曲目の変更はございません。

*出演者変更によるチケットの払い戻しは行いません。

 

≪お問い合わせ≫

ザ・シンフォニー チケットセンター

TEL.06-6453-2333

 

—————————————————

 

また、ゲルハルト・オピッツ氏より下記メッセージが届きましたので、掲載いたします。

 

—————————————————

 

広島と大阪の音楽愛好家の皆さま、そして広島交響楽団のファンの皆さまへ

 

ベートーヴェンの生誕250周年という記念すべき年に、ピアノ協奏曲第5番をマエストロ下野竜也氏と広島交響楽団の皆さまと共演できる機会を、もう1年以上も前から心待ちにしていました。

残念なことに、今私たちは世界的パンデミックという時代の只中にあり、ほぼすべての国の政府が入国禁止・制限措置を発令しています。密集空間を避けるため、様々な新しい制約が課されていますが、これはウイルスの拡散を抑制し私たちの健康を守るためなのです。コンサートや演劇といった舞台芸術において大規模なロックダウンが実施されると同時に、アンサンブル、オーケストラ、そしてソリストといった音楽家たちの国際的な移動が大幅に減少してしまいました。そして現実には、日本の演奏家がヨーロッパに移動できず、また逆に、ヨーロッパの演奏家が日本に移動できないということが起きています。現在の状況において、日本政府から要請されている入国制限と14日間の隔離措置により、11月13日に広島で、15日に大阪で予定されている広島交響楽団とのコンサートへの出演を断念せざるを得なくなりました。とても残念でなりません。

この度、私の友人である小山実稚恵さんが代役を務めてくださることになりました。きっとベートーヴェンの精神にインスピレーションを受け、素晴らしい演奏を披露してくださるでしょう。聴衆の皆さまにも楽しんでいただけることを信じています。

 

ミュンヘンにて

ゲルハルト・オピッツ

 

—————————————————